MENU

自分で白髪染めをするときの方法

白髪染めって、とても面倒ですよね。

 

年々量も増えてくるので染める回数も徐々に増えてきています。
時間も取られればお金もかかりますし、美容室に行くのも億劫です。何より私は美容室自体が苦手なので
出来ればあまり行きたくありません。

 

それに美容室に行くとやはり金額も高くなってしまうので3週間〜
月1回に行くにはちょっとお財布に厳しいですよね。

 

元々白髪染めのためだけに美容室に行くことは考えていなかったので、自分で出来る白髪染めをいくつか試してみました。

 

ペーストで塗るタイプや泡のタイプ、保存がきくタイプきかないタイプなど様々です。

 

一番使いやすかったのは泡のタイプの使い切りで、使い切れなかった分は捨てるようにしています
(保存がきくタイプは残っても中途半端に残ってしまい、次回足りない事もあったので何度か試してやめました)。
ペースト状は髪が多い私にはムラなく塗る事がとても大変で一度試して無理だと思いやめました。

 

泡状だと根本に吸い付くようにとどまってくれて、一度に多くの根本を染める事ができます。

 

私の髪は元々カラーリングをしていない黒髪なのですが、自分の黒髪の色に近い色で白髪になっている根本部分プラス数センチくらいまで泡で染めて
そこから下の部分は特に染め材を付けていません。

 

美容室でいう「リタッチ」ですね。
両手に手袋を付けて一人でやっているので、もちろん毛先やほかの部分に付いてしまう事もありますが、ムラになったりもしていないです(元々黒髪で黒のカラー材だからだと思いますが)。

 

塗り終わったらシャワーキャップをかぶり、30〜45分くらい放置した後に洗い流します。
シャワーキャップは100円ショップで10枚ほど入った物を購入して使い捨てにしています。
今のところこのやり方で失敗した事はありませんが、元々の髪をカラーリングしている方はもしかしたらムラに
なるかもしれないので注意が必要だと思います。

 

寒い時期やどうしても自分で染めるのが面倒な時はたまに「カラーリング専門の美容室」に行くことがあります。
お店によるとは思いますが、大体リタッチでしたら2000円くらいで白髪染めのみをしてくれるので
無駄にお金もかからず、髪を乾かしたりセットしたりはセルフなので煩わしくなく楽に白髪染めが出来ます。
自分で染める事に抵抗がある方はお近くにあるか探してみて一度試してみるといいかと思います。

関連ページ

プロの美容師が伝える白髪染め
プロの美容師が伝える白髪染め
応急処置!?意外といける
応急処置!?意外といける
頭皮に優しい【白髪染】
頭皮に優しい【白髪染】
白髪染めこれからはどうしようかな。
白髪染めこれからはどうしようかな。
カラーシャンプーで白髪染めの悩みを解決!
カラーシャンプーで白髪染めの悩みを解決!
男性の白髪染め
男性の白髪染め
目立つ白髪対策に有効な白髪染め
目立つ白髪対策に有効な白髪染め
白髪染めのトリートメントは便利
白髪染めのトリートメントは便利
白髪染めを使用して白髪を染める時の注意点
白髪染めを使用して白髪を染める時の注意点