MENU

目立つ白髪対策に有効な白髪染め

白髪は、年齢と共に頭皮にある幹細胞の髪を黒くする能力が衰える事で発生します。
この仕組みのサイクルが崩れる原因は、加齢やストレスや不規則な生活によるものです。

 

一度白髪になってしまうと抜いても、生えてくる髪の毛は白髪ですので、この白髪を外部的に染める方法で対処する方法と幹細胞のサイクルを正常にして白髪が増えないようにする方法を両立させて、白髪を目立たなくしていきます。

 

最も簡単なのは、ヘアマニキュアや白髪染めを使った白髪を染めるといった方法です。
白髪染めは、成分によって人の頭皮に合うか合わないかが違ってきますので、必ず白髪染めに配合されている成分を確認しておく必要があります。
配合されている成分に対してアレルギーが出てくるのであれば、その製品を使い続ける事は出来ません。

 

アレルギー反応が起こらないような成分が配合されている製品を探して使うのが有効です。
医薬品メーカーなどから様々な白髪染めが発売されていますが、染め方は髪の内部まで浸透する物と髪の表面だけを染める物がありますので、どのぐらいの期間、髪を染め続けたいのかを考えて製品選びをした方が良いでしょう。

 

長期間染めた効果を持続出来るのは髪の内部まで浸透するタイプです。
一方で、一時的に色を染めたい場合には、マニキュアタイプの物が有効です。

関連ページ

プロの美容師が伝える白髪染め
プロの美容師が伝える白髪染め
応急処置!?意外といける
応急処置!?意外といける
頭皮に優しい【白髪染】
頭皮に優しい【白髪染】
自分で白髪染めをするときの方法
自分で白髪染めをするときの方法
白髪染めこれからはどうしようかな。
白髪染めこれからはどうしようかな。
カラーシャンプーで白髪染めの悩みを解決!
カラーシャンプーで白髪染めの悩みを解決!
男性の白髪染め
男性の白髪染め
白髪染めのトリートメントは便利
白髪染めのトリートメントは便利
白髪染めを使用して白髪を染める時の注意点
白髪染めを使用して白髪を染める時の注意点