MENU

応急処置!?意外といける

ほんの4、5本の白髪に悩まされる日々。認めたくないけれど、この4、5本がかなり目立つ。どうにかならないかと様々な考えを巡らせる。

 

私が試したのは3つ。
ひとつめ。美容院でヘアマニキュアをしてもらう。
単に髪の色を染めるのとは違うので、白い部分だけがきちんと染まり、黒髪はそのまま。気にしていた部分は、全く気にならない状態に。ただ、伸びてくるとやっぱり白い部分がでてくるので、毎回美容院へいかなくてはならなくなる。

 

ふたつめ。シャンプーのたびに染めていく、という商品を、使用。
シャンプーは毎日しているから、特に違和感なく始められる。即効性はないけれど、続けていくとじわじわと色がついてくる。白髪の白がだんだん色づいてくる。ただ、真っ黒な髪にはならず、どこか色がうすい。目立たなくするというレベルでよければ、楽で安価。

 

みっつめ。これは美容師さんから教わった方法。
ほんの数本の白髪に悩んでいるのであれば、白髪染めはもったいない。

 

あくまでも、暫定的な方法ではあるが、油性ペンの黒または茶色を使う、とのこと。直接、油性ペンで白髪を塗る!やってみた。何というか、応急処置としてはいける!長持ちはしないけれど、コストを考えると、これでもいいのかな、と思えるレベル。

 

私は、状況によって使い分けている。

 

でも油性ペンなんて抵抗がある方にはコレ!

 

↓↓↓ 

 

 

関連ページ

プロの美容師が伝える白髪染め
プロの美容師が伝える白髪染め
頭皮に優しい【白髪染】
頭皮に優しい【白髪染】
自分で白髪染めをするときの方法
自分で白髪染めをするときの方法
白髪染めこれからはどうしようかな。
白髪染めこれからはどうしようかな。
カラーシャンプーで白髪染めの悩みを解決!
カラーシャンプーで白髪染めの悩みを解決!
男性の白髪染め
男性の白髪染め
目立つ白髪対策に有効な白髪染め
目立つ白髪対策に有効な白髪染め
白髪染めのトリートメントは便利
白髪染めのトリートメントは便利
白髪染めを使用して白髪を染める時の注意点
白髪染めを使用して白髪を染める時の注意点